【やばい。。。】産後の尿漏れでお悩みのママさんへ

産後の尿漏れ
当院にいらっしゃるママさんの中でも起きやすい症状の一つです。
妊娠中でも起こりやすいのですが、まさか産後も起きるなんて。。と思って不安になるかもしれませんが、産後でもちょっといきんだり、くしゃみをした際にというのも珍しくありません。
しっかり原因を理解して対策していきましょう!

妊娠中に起こっていた尿漏れ

妊娠中は赤ちゃんと共に子宮も大きくなっていきます、その大きくなった子宮が膀胱を中から圧迫し、尿漏れが起きやすくなってしまいます。産後も妊娠で大きくなった子宮に膀胱が圧迫されたり、分娩時にダメージを受けることで尿漏れが起こりやすくなってしまいます。
『まだ若いのに尿漏れなんて。。。』と思うかもしれませんが、妊娠期や産後は結構多くの方が経験しています、そこまで特別なことではないので安心してください。出産ご大体3〜4ヶ月経って、子宮と膀胱が元の位置にも取ってくれば、ほとんど治ります。

産後の尿漏れの原因とは?


産後の尿漏れは、出産時に内臓を支えている骨盤底筋というところに負担がかかるのが大きな要因です。
そもそも骨盤底筋とは骨盤の底にある膀胱、子宮、直腸などを支えている部位で、繊維組織や筋肉からなるものです。
この骨盤底筋が出産などで緩み尿道の締まりが弱くなってしまい尿漏れを引き起こしてしまいます。

また出産によって神経などが傷ついてしまうと、膀胱や尿道の知覚の障害も起こってしまい、尿漏れ以外にもそもそも尿意を感じにくくなったり、尿自体が出にくくなったりします。
骨盤底筋自体が回復してくれば時間とともに収まりますが、木になる場合は早期に対策しましょう。

尿漏れを防ぐためには?

産後に起きる尿漏れを防ぐには、できるだけ骨盤底筋に負担をかけないことが重要です。
分娩までの時間が短い方が負担は少ないのですが、そもそもコントロールできるならみんな早く産みたいですよね。
ただ太りすぎていたり高血圧など、分娩が重くなってしまう要因はなるべく避けましょう、日常生活での食事などでコントロールしましょう。
出産時タイミングよくいきむことが骨盤底筋の負担を減らすと言われていますが、実際うちの妻の出産に立ち会った私としてはそんな悠長なこと言ってられないと思います 笑
助産師さんやドクターが声をかけてくれるのでそれに合わせていきむことに集中してみてください。

尿漏れ対策のセルフケア

どのように過ごすべきか?


出産で負担がかかった骨盤底筋は、通常1〜2ヶ月で回復していきます。それまではなるべく横になって休むようにしましょう。
重い物を持つのはなるべく避け、家族に協力してもらいましょう。
重い物を持っても大丈夫になるまでは大体6〜8週かかります。この時期には無理は禁物です。

骨盤底筋トレーニング

骨盤底筋を鍛えることで早期に尿漏れを改善させることもできます。
焦らず会陰部の痛みが治まってから行うようにしましょう。
トレーニングは衰えたり伸びてしまった筋肉を鍛えなおす行為です。
楽してできるものではありませんが、楽しみながらはできると思います。
日々少しずつでもいいので続けていくようにしましょう!
では動画で説明いたします。

それでも尿漏れが解決できない場合は?

予約はこちらから↓