産後のむくみはどうすれば?

出産後は体の中のホルモンバランスや日常生活の変化が大きい時期!
慣れない育児に体調まで崩してしまいそうな毎日で、ふと自分の足を見ると『むくんでる。。。』なんて経験されていないでしょうか?

そもそもむくみとは?

そもそもむくみってなんでしょう?

医学的には浮腫(ふしゅ)といわれるもので、血液中の水分が血管やリンパの外に出て、皮膚の下に溜まった状態をいいます。

特に顔や足などに起こりやすいと言われています。

産後のむくみはなぜ起こる?

1、産後に起こるむくみの原因として考えられるのは、出産によって水分のバランスが著しく崩れてしまうことが上げられます。妊娠中の血液量は通常より3〜5割ほど増加しますが、出産後は子宮への血液量が減り、以前(妊娠前)の血液量に戻ろうとするため、その過程でどうしてもむくみが起こりやすくなてしまいます。

2、出産ご、安静に生活する時期が終わり、授乳を座って行う時間が増えてきます、水分は重力に引っ張られ体の下の方へ移動します、その結果として足がむくみやすくなります。特に最初の生後2~3ヶ月頃はどうしても授乳回数がで1日10回以上となることもあり、特にむくみが出やすくなるので、対策をする必要が出てきます。

3、出産後のホルモンの変化や、慣れない育児での寝不足やストレスによって自律神経の乱れが起こります。
それにより血液の循環が悪くなりむくみへと繋がっていきます。

4、育児によって運動不足や睡眠不足になり基礎代謝が落ちてしまいむくみにつながるケースもあります。
そもそも出産によって体力も著しく低下しているため日常生活もままなりません。
結果運動不足と睡眠不足により、血液循環が低下してむくみが起こるのです。

 

産後のむくみ解消には?

産後のママさんは体力が低下しているので無理のない範囲で行ってください

1、適度な運動がオススメです、血液(静脈血)やリンパなどは筋肉を動かすことによって循環を促しています。
ふくらはぎを第二の心臓なんて呼び方聞いたことある方も多いと思いますが、それだけ筋肉を動かすことは血液循環に大事なことなのです。
産後一ヶ月(自然分娩の場合)くらいからならヨガやピラティスなどもオススメです。

2、塩分は水分を溜め込む力が強いので、食事の際の塩分摂取を控えるようにしましょう。
同時にカリウムも摂取すると、カリウムが塩分を体外に排泄する機能が期待できるのでオススメです。カリウムを多く含むちなみにカリウムを多く含むものは、納豆、ほうれん草、パセリ、アボカド、こんぶ、ひじき、わかめなどがあります、自分の生活スタイルに合わせて摂取しやすいものを選択してください。

3、単純に血液は重力の影響を受けてむくんだりするので寝るときなどに足をクッションなどで高くする。
これだけでも十分むくみ対策になります。
ただ気をつけて欲しいのは足の先だけあげてしますと膝が伸びっぱなしになり痛めることもあるので膝から下全体を乗せて高く上げるようにしましょう。

4、足浴やマッサージなどで血液循環を促す、特に足浴はリラックス効果も期待できますのでオススメです!

5、パパさんが協力してくれるならこのような方法もあります
動画は妊婦さんとしていますが産後のママさんでも十分対応可能です!

まとめ

何かをしたからといって劇的にむくみが解消するということはありません。
日々できるセルフケアをコツコツ行うことでむくみを解消させましょう!
産後忙しい毎日でなかなか自分の時間を取るのは難しいと思います。
ただママが辛いとお子さんも辛いんです、ママが笑顔で居られることがお子さんの幸せでもあり家族の幸せにもつながると思います。
ですからママさんは自分のことをもっと大事にしてあげてください。

 

それでは本日も当院のブログを読んでいただいて本当にありがとうございました

産後の症状でお悩みの方はこちら↓