腰痛に湿布は冷たいの暖かいのどっちが効くの?

先日お客さんに『腰痛に湿布は冷たいの暖かいのどっちが効くの?』と質問を受けました
私の答えとしては『どっちも貼らなくていいですよ』です

湿布はいらないの?

湿布好きな人多いですよね?
困った時はすぐ湿布!なんて方も多いのではないでしょうか?

と言うかそもそも冷湿布と温湿布の違いはなんでしょうか?

冷湿布
ハッカのような匂いのするメントールという成分が使われています
これが皮膚に触れると実際に温度が変化するわけではありませんが『冷えたような感覚』を得ることができます

 

温湿布
トウガラシ成分のカプサイシンという成分が使われています
これが皮膚に触れる実際に温度が変化をするわけではありませんが『灼熱感』を感じることができます

この二つの説明を見ていただければわかると思いますが
実際に冷えたり温まったりするわけじゃないのです

しかしメントールなりカプサイシンなり皮膚に強い刺激が入ると痛みを感じる神経が鈍くなるので痛みが治まった感覚になるのです
しかし皮膚に強い刺激が入れば皮膚自体が炎症を起こすこともあります
その結果腰痛で筋肉や靭帯などの体内で炎症が起きてる上に、皮膚でも炎症が起きてしまえば体の中と外同時に炎症が起きてより治りにくい状況になってしまいます

ではどうすればいいの?

痛めた時はまずは安静です
どうしても動かなければいけない人は腰痛ベルトなどを使うといいと思います

そして動ける範囲でいいのでストレッチしましょう
無理に痛いことをする必要はありません

そしてなるべく歩いて血液循環を良くしましょう

この三つを実行するだけでも普通の腰痛であれば早くに改善されると思います

それでは本日も当院のブログを読んでいただいて本当にありがとうございました

腰痛でお困りの方はこちらをクリック