【辛い痛み】産後のヘルニアでお困りのママさんへ

こんにちは
千葉・稲毛海岸 たいじ整体院長西野です

本日は産後のヘルニアのお話

今日のブログはこんな方にオススメ

・出産後に腰痛が起こった
・家事や慣れない育児で心身ともに疲れている
・骨盤がゆがんでいる気がする
・骨盤矯正に興味がある

このような方はこのままお読みください

産後はヘルニアになりやすいの?

妊娠時赤ちゃんが産道を通りやすくするホルモン『リラキシン』が分泌されます
このホルモンによって骨盤、骨盤を抑えているの靭帯だけでなく全身の靭帯も緩みます

このホルモンによって赤ちゃんは出やすくなるのですが、出産後は骨盤がすぐに安定するわけではないので、体を支える力が弱くなってしまいます
そのため骨盤の代わりに筋肉が支えようとするのでの周りの、腰、太もも、お尻の筋肉が緊張してきます

妊娠出産と体にダメージは蓄積していき、骨盤周りの負担は相当なものです
出産時も赤ちゃんが産道を通るため、骨盤がかなり広がりますので仙腸関節や、恥骨結合が広がります
そしてそれを抑えるためにまた筋肉を酷使してしまいます

産後の育児

出産で今までにないほど体力を使った後は育児がスタートです
妊娠出産でダメージを負った体での抱っこや家事
また夜泣きなどによる睡眠不足や精神的な負担も増えていきます
今まで経験したことのない『育児』が始まるのです

このように妊娠、出産、育児の流れで本人が思っている以上に体は疲れているため腰を痛めるママさんは当院に多くいらっしゃいます
負担のかかった状態を長く放置してしまうと腰痛だけでなく、ヘルニアにまで発展してしまうことも珍しくありません
定期的にヘルニアの神経症状が現れていないかチェックしましょう

当院でできること

当院では体全身のバランスをチェックし、どこに負担がかかりやすくなっているかなどを説明しながら施術を進めていきます
その中で日常気をつけてもらうことや、ご自身で出来るセルフケアなどもお伝えします
体は日常生活の結果が体に現れますので、日常を変えることが痛みを早期に改善させる近道です

クライアントさんと私が二人三脚で取り組むことで早期に回復が目指せるのです
施術自体は体をよく動かしますが、決して強い力でボキボキなどしないので安心していらっしゃってください

予約はこちらから↓