【いつまで?】産後の骨盤矯正はいつまでに受けるべき?

こんにちは
千葉・稲毛海岸 たいじ整体院長西野です

本日はいつまでに骨盤矯正を受けるべき?というお話

今日のブログはこんな方にオススメ

・骨盤矯正はいつ受けたらいいのかを知りたい方
・骨盤矯正をしたらいいかわからなくて不安な方

そんな方はこのままお読みください

なぜ産後骨盤は歪む?

妊娠中から『リラキシン』というホルモンが分泌されます
このホルモンの作用により骨盤や靭帯などが緩み、赤ちゃんを産むための準備ができていきます

このリラキシンの分泌は、産後2〜3日すると治っていきます
そして緩んだ骨盤が元に戻っていくのには3〜4か月、遅くても6か月かかります

いつ骨盤矯正するべき?

では産後すぐに骨盤矯正をするべきでしょうか?
ちょっとお待ち下さい

産後一ヶ月は後陣痛や悪露、子宮が収縮し内臓が元に戻る変化の大きい時期です
少なくとも産後一ヶ月はしっかり体を休ませることをオススメします

オススメのタイミングとしては
産後2ヶ月〜6ヶ月が産後の骨盤矯正にオススメな時期になります

6ヶ月以上経っちゃった方は・・・?

産後6ヶ月以上経過してしまっても骨盤矯正を受けるのは大丈夫です
あくまで産後6ヶ月以内であれば、骨盤の変化が起きやすいというお話です

6ヶ月経ったら治らないということではないので安心していらっしゃってください

帝王切開の場合は必要?

帝王切開の場合は産道を赤ちゃんが通っていないので、骨盤矯正は必要ないと思っていませんか?

帝王切開であっても妊娠中に『リラキシン』はしっかりと分泌されているため骨盤は緩みやすくなっています
つまり骨盤矯正が必要ではあるのです

ただ自然出産より体のダメージが大きいので、しっかり体を休ませる意味も兼ねて自然分娩よりさらに1ヶ月後受けるようにしましょう

まとめ

リラキシンの効果で緩んだ骨盤は、産後2ヶ月から〜6ヶ月に受けるのが望ましく
6ヶ月を過ぎても施術を受けた方がいいのです

帝王切開の場合では、最初の2ヶ月はしっかり体を休ませ
その後骨盤矯正を受けるようにしましょう

予約はこちらから↓