【成長痛と思った膝の痛み】お子さんのオスグッドでお悩みの方へ

こんにちわ
千葉・稲毛海岸 たいじ整体院長西野です

本日は成長期の子供に起こりやすいオスグッドのお話です

今日のブログはこんな方にオススメ

・子供が膝が痛くてしゃがめない
・オスグッドと診断されたが冷やす
・試合が近いがオスグッドが痛くて練習できない
・膝先が膨れ上がってきていてそこを触ると痛い

そんな方はこのまま読み進めてください

そもそもオスグッドって何?

オスグッドは正式には『オスグット・シュラッター病』と言います。
小学生から高校生くらいの成長期に起こるのもで、サッカーやバスケットなど跳躍系や、足の負荷が強い競技に多い疾患です。
太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)は膝を伸ばす筋肉として働いています。膝を伸ばす関節の動き(ジャンプ、ボールを蹴るなど)の繰り返しにより、太ももの筋肉の付着部である脛骨粗面(すねの骨の膝下あたり)で炎症が起こります。
負荷が繰り返される事で成長軟骨部分が症状が重い場合は剥離してしまうことも。

正座や、運動時に強い痛みがあることが特長です。

何度もくり消し負担のかかった大腿四頭筋に引っ張られ、大腿四頭筋自体が疲労し緊張状態が続いてしまうことで症状が進んでしまいます。

つまりは成長痛?

オスグッドは成長期に起こりやすい代表的な疾患ではありますが成長痛ではありません。

病院や整骨院では『成長痛ですね』なんて言われてしまうこともあったりするようです。
しかし本当に成長痛であれば片方だけでなく、両側に出ないとおかしいですよね?
成長が止まったら一緒に痛みも止まるんでしょうか?

片側だけ痛くなる子、両側に痛みがでる子などなど様々です。

もう雨一度言いますが成長期に多い疾患ではあるのですが成長痛ではありません。

どうすれば?

まずは安静にし、大腿四頭筋の緊張を取る必要があります。
痛みが強いようであれば、痛み強い部分にアイシングも有効です。(アイシングはあくまで痛みが強い時)
そして大腿四頭筋を手のひらで揺らすようにマッサージしてください。
指でぐりぐり押すようにしてしまうと筋肉自体を傷つける可能性があります。
痛みのある膝の部分は絶対マッサージしないでくださいね。

ある程度痛みが緩和し膝を曲げれるようになってくれば大腿四頭筋のストレッチも取り入れていきましょう。
継続的に行うことで怪我の予防にもつながります。
もちろん反対側の大腿四頭筋のストレッチも重要です。

そもそも大腿四頭筋が緊張しやすい環境になっている可能性もあります。
例えば重心が爪先に乗りすぎていたり、体自体のバランスが崩れていたりなど。

その時の体の状態をしっかり見極めて対策していきましょう。

まとめ

安静だけで治そうとすると最悪1年ほどかかることもあります。
そうでなくても完治に数ヶ月かかる人もいます。
もし不安に思うようであれば早期に専門機関にかかることをお勧めいたします。

膝痛でお困りの方はこちらをクリック↓