【どうにかしたい!】産後の辛い頭痛にお困りのママさんへ

こんにちは
稲毛海岸 たいじ整体院長西野です
本日は産後のママさんに起こる辛い頭痛のお話

今日のブログはこんな方にオススメです

・頭が痛くて痛み止めが手放せない
・病院に行っても原因がわからない
・病院で様子を見ようと言われたが一向に良くならない
・マッサージに行って肩首をマッサージしてもらったが良くならない

そんな方はこのままお読みください

頭痛にも色々ある

産後に起きやすい頭痛に「偏頭痛(片頭痛)」「緊張型頭痛」などがあります。

偏頭痛

こめかみや、目の周りに痛みが出やすく、症状が出ると数時間から数日痛みが出ることがあります。
また吐き気や嘔吐などの症状が出ることもあり、日常生活が困難になることもあります。

緊張性頭痛

後頭部から首筋にかけて痛み、頭全体が締め付けられるよう症状が出るのが特徴です。
症状は数十分から数日続くことがあります。
偏頭痛と違って吐き気や嘔吐は伴わず、寝込むほど強い痛みは出ません。

頭痛の原因は?

産後の頭痛は様々な原因が組み合わさって起こります。

骨盤の歪み

妊娠中、赤ちゃんが産道を通るため、骨盤の靭帯を緩めるために出る「リラキシン」というホルモンが出ます。
産後も赤ちゃんのお世話でどうしても偏った体の使い方になってしまうため、骨盤が歪みやすくなてしまいます。
骨盤が歪むことで体全体のバランスが悪くなり、首の部分の血管やリンパが圧迫されてしまい頭痛につながることがあります。

肩こり

産後赤ちゃんの抱っこや、授乳でも同じ体勢で長時間いるため肩がこりやすくなります。

睡眠不足

赤ちゃんのお世話や夜泣きなどでお母さんは寝不足になりがちです。
睡眠不足が続くと疲労がどんどん蓄積していき、血液の質も悪くなり頭痛も起こりやすくなります。

ストレスによるホルモンバランスの乱れ

妊娠出産によりホルモンのバランスは著しく変動します、そこに慣れな育児による不安やストレスによりさらに不安定になりやすくなります。
頭痛以外にも疲れやすくなったり、起こりやすくなったりと様々なことが起こります。

水分不足

母乳育児の場合、水分不足になりがちです。
母乳は血液から作られるため、体内の水分も一緒に出てしまいます。
水分が不足してくると、血液の粘性が高くなり頭痛を起こす原因になることがあります。

貧血

出産による出血や、母乳による赤ちゃんへの鉄分提供など産後は何かと貧血になりやすいことが多いです。
貧血では頭痛の他にめまいも起こりやすいので注意が必要です。

頭痛の対処法は?

頭痛以外に症状がなければ病気の可能性は低くなりますのでできる対策を行いましょう。

アイシング(冷やす)

偏頭痛の症状があるときは、首の後ろを冷やしてみましょう。
冷やすことで血管が収縮し痛みを緩和させる可能性があります。
温めたりすると症状が悪化する恐れがありますので、お風呂は避けてシャワー程度にしておきましょう。

温める

緊張性頭痛の場合は、後頭部や首筋を温めるのがオススメです。
お風呂にゆっくり浸かるのもリラックスもできて一石二鳥です。

水分摂取

水分不足によるものであればもちろん水分摂取が必要です。
しかし取る水分にも注意が必要です。
利尿作用のあるもの、糖質が多いいものは避けるようにしてください。
見た目が透明だからといって糖質が多いものもあるので注意してください。

鉄分摂取

鉄分不足による貧血の場合は鉄分摂取を意識しましょう。
サプリメントで摂取すれば取り入れやすいですが。
保存料の多いものや、あまりにも安すぎるものは注意が必要です。
なるべくオーガニックなものを選びましょう。

またレバーなどの動物さんの鉄分を摂取することもオススメです。

しっかり休む

的、精神的ストレスを解消するため、旦那さんや家族の力を借りてしっかり休む時間や日を作りましょう。
お昼寝でもゆっくり眠る時間を週一回でも作るだけでも体は変わります。

簡単な運動

産後で体力が落ちているので、いきなり運動は難しいと思いますが簡単なことから始めましょう。
運動することでストレス解消や、血流の促進が期待できます。
最初は本当に簡単な歩くなどから始めてみてください。
動いた後のスツレッチもお忘れなく!

骨盤の歪みを修正する

骨盤のゆがみによるものであれば、ゆがみの修正が必要です。
運動や、ベルト、整体などで行えます。
ご自身の生活スタイルに合わせて選択していきましょう。

まとめ

産後に起こる頭痛も原因は様々です。
実際は原因が一つではなく複数の原因が絡み合って起こっていることが殆どです。
自力で改善を目指すより早期に専門の人間に聞いた方が症状の回復は早いです。

頭痛がすれば日常生活が辛くなりまず、ママが元気でいないと、大切なお子さんや家族にも不安を与えてしまいます。
もし本気でよくなりたいと思ったのであれば、早く治療に行ってください。

予約はこちらから↓