【なかなか取れない】坐骨神経痛との付き合い方

こんにちは
たいじ整体院長西野です

今回は坐骨神経についてのお話いたします

今回のブログはこんな方にオススメです

・お尻から足に痛みが響く
・腰がずっと痛い
・ものを持ち上げるとお尻に痛みを感じる
・長時間同じ体勢(立つ、座る)でいると腰が痛くなる
・靴下を履く体勢でお尻が辛い
・仰向けで寝ていると腰が痛くなる
・朝起きる時腰が痛む
・夜になると足が痛くなる
・痛みのある足が冷えている

このような症状が当てはまる方は坐骨神経痛の可能性があります。

坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは、腰部から足に伸びている坐骨神経が、様々な原因で障害(圧迫、刺激)を受け、痛みや痺れが起こった症状をいいます。
ほとんどの方が腰痛とともに症状が出ます。ついでお尻、太ももの裏、すね、足先にシビレや痛み、さらに進行すると麻痺や歩行障害も出ることがあります。

原因

原因としては様々なものがあります。その中で神経の根元に紹介を受けてなる疾患があります。
腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症、腰椎分離症、脊柱管狭窄症などがあります。
具体的にどのような症状かというのはこちらをご覧ください。

筋肉が原因で起こるものもあります。腰にある大腰筋、お尻の深部にある梨状筋によるものです。
特に多いのが梨状筋による神経痛です、この筋肉の間を坐骨神経が通っているため、この筋肉が硬くなると坐骨神経が圧迫を受けてしまうのです。
お尻の筋肉をしっかり動かしたり、ゆるめることをしてあげると症状が回復する可能性があります。
お尻と同時に股関節の動きも良くしてあげることがとても重要です。

当院での施術

当院の施術は基本的に全身のバランスの調整をメインに行っています。

『いや、バランスはいいから痺れ治してよ』っと思われたあなた。

なぜ当院ではバランスの調整をメインに行っているかというと、バランスの歪みによって痺れや痛みの起こっている部位に必要以上の負担がかかってしまっているからなんです。
そこを症状を出ている部位だけを触ってもまた症状を繰り返しやすくなってしまします。
そのため当院では痛みや痺れの回復を妨げている体のバランスから調整していきます。

繰り返して痛みや痺れを起こしたくないという方は当院にご連絡ください。

 

予約はこちらから↓