【辛い症状】産後の腰椎椎間板ヘルニアでお困りのママ

こんにちは!
たいじ整体院長西野です

産後は色々な症状が出やすい時期ではあります

こんな悩みはありませんか?

・腰痛が産後に強くなった
・育児で満足にねれず、日常生活が辛い
・骨盤の歪みが気になる
・椅子からの立ち座りが辛い
・抱っこで腰が辛い

以上の5つのどれかが当てはまる方はこのままお読みください

産後はヘルニアになりやすい

妊娠中は『リラキシン』というホルモンの分泌により赤ちゃんが産道を通りやすいように骨盤周辺の靭帯が緩みます、正確に言うと全身の靭帯も緩みます。
骨盤が緩むことにより骨で身体を支えるのが弱くなるため、その分周辺のお尻や太もも、腰の筋肉が緊張しやすくなります。

妊娠してからどんどんとお腹が大きくなっていき、身体も動かしにくくなり筋肉が硬くなり、疲労もたまっていきます。
そして出産を迎えますが、骨盤周り筋肉はの疲労はピークに達しています。出産の際は産道を赤ちゃんが通るためにリラキシンを最大限に分泌させ骨盤が広げます。この時の骨盤周辺の筋肉の負担も相応なものになります。

出産前〜出産後にこのような事が体の中で起こっています。
体の負担がとても増加しているので、ヘルニアになりやすい環境がでいてしまっています。

産後の育児スタート

産後は疲労が蓄積し、出産でダメージを受けた体で育児がスタートします。
抱っこや授乳、夜泣きにあやしたりと育児は今まで経験した事がないような事をたくさん経験します。
その育児の動作で更にダメージを受け体も歪みやすくなっていきます。

実際当院にいらっしゃるママさんも体が限界に達していらっしゃる方が多いです。
育児でなかなかご自身の体のケアができていないと、体は更に悪化してしまいます。体に負担がかかった状態が長く続いているとついにはヘルニアなどの症状も起こりやすくもなってしまします。
痺れなどの神経症状が出てしまうと回復までに時間がかかってしまうのでは悪化する前に早めの治療が大切です。

たいじ整体で行う施術は?

当院では全身のバランスの調整を行い、体本来が持っている回復力を最大限に生かすという方法を取っています。
ヘルニアと言っても、ヘルニアになってしまうような体の使い方をしているために起こっているので、まずは体全体を整え腰にかかる負担を軽減することが重要です。
そして日常生活での負担を減らすための提案やセルフケアを指導していきます。

強い力で押したり、ボキボキならしたりなどしませんのでご安心ください。

もし本気でよくなりたいと思いましたら当院にご相談ください