【時間がない】腰が痛いが治療に通う暇がないあなたへ

こんにちは
たいじ整体院長西野です
今日は腰痛のお話
それも痛くて治療に通いたいけど通う暇が無いあなたに向けて!

こんな悩みはありませんか?

・仕事が忙しくて治療に通えない
・いつも痛み止めを持ち歩いている
・腰が痛くて朝起きれない
・歩いていると腰が辛い
・いつも足がしびれている

本気でよくなりたいけど時間がないという方だけ読み進めてください

そもそもなぜ痛む?

腰痛を起こす原因は色々あります

しかし腰痛で原因がはっきりしないと言われているものが80%あると言われています。
これだけ医学が進歩した現代でもほとんどの腰痛って原因がわからないんです。
中には腰痛は『気のせい』という先生もいらっしゃいます。

さてその中でも比較的腰痛を引き起こす原因と考えられているのが幾つかあります
腰椎(背骨の腰の部分)を直接障害するものです

代表的なものを幾つか紹介します

腰椎椎間板ヘルニア


腰痛といえばよく聞く病名がこちら
腰椎椎間板ヘルニアです
腰痛の中で最も多いと言われているものです
椎間板ヘルニアとは上記の画像にあるように、椎骨(背骨1個の名称)と椎骨の間にあるクッションの役割をしている椎間板(軟骨)が変形を起こし、中身が飛び出すことを言います。
その飛び出した椎間板が背骨の中を通っている神経を圧迫することにより、痛みやシビレを引き起こします。
またヘルニアが起こる部位、圧迫する部位により症状が変化します。

原因

一般的に原因とされるものは、日常生活動作(中腰作業や、不良姿勢)や遺伝的(親がなりやすいと骨格が似るため、子供もなりやすい)なもの、加齢も原因の一つとされています。
ただレントゲン上ヘルニアと診断されても痛みのない人も多くいるのも事実です。

症状

腰〜臀部〜下肢の痛み、痺れなども出ることあり、力が入りにくくなることもあります。
痛みを避けるような姿勢になり、側湾のような姿勢になったりもします。
物を持つなど、腰に負担のかかる動きで痛みが強くなります。

治療法

病院なので行われる治療法では、あまりに痛みや症状が強い場合や、排便・排尿障害が出た場合などは手術。
その他の手術するほどではないヘルニアに対してはブロック注射、痛み止め、理学療法、コルセットなどを組み合わせた治療法があります。
ただ最近はヘルニアと診断されても、あまり手術しない方向になっているそうです。

整体院などでもヘルニアの施術をしているところも多いです。

脊柱管狭窄症

以前みのもんたさんが手術したことでとても有名になった脊柱管狭窄症
脊柱管狭窄症とは、脊柱管と呼ばれる神経が通っている空洞の部分に、変形した骨や靭帯が侵入し神経を圧迫している病気を言います。
50代頃から増える傾向にあり、70代の二人に一人は脊柱管狭窄症という可能性があります。
ゆえに50代以上の方の腰痛の大半を占めるそうです。

症状は様々なものがあり、狭窄が起きる部位によって変わります。
特に顕著な症状としては『間欠性跛行(かんけつせいはこう)』があります。
間欠性跛行とはある程度歩行をすると、腰〜足に痛みや痺れのような症状が現れ、少し休むとまた歩けるもののまた、痛みや痺れで歩けなくなってしまいます。

またこの脊柱管の狭窄は腰だけで起こるのではなく首や、胸の高さの背骨でも起こる可能性があります。
つまり脊柱管狭窄症は全身に起こるのです。

原因

原因は様々なものが考えられます、車生活やデスクワークにより不良姿勢で長時間いるため、運動不足による筋力低下、年齢によるものなどが考えられます。
年齢を重ねることによって、骨や靭帯が変性を起こしやすくなっているというもの。

この脊柱管狭窄症の骨や靭帯の変性は突然起こるものではありません。
徐々に脊柱管に起こるものです、症状がはっきり現れる前に早めの対処が必要です。

症状

狭窄の起こる部位によって細かく分かれるのですが、長く歩くことができなくなります。
先ほども書きましたが、もっと特徴的な症状に『間欠性跛行(かんけつせいはこう)』があります。

腰の痛み自体は強いわけではなく、安静にしているとあまり症状を感じることはありません。(ただ安静にしすぎると筋力が落ちて。。。)
下肢に痺れや痛みが出たりするのですが、腰を屈めると症状が軽減したりします。

治療法

ヘルニアと似ているのですが、ブロック注射、運動療法、痛み止め、コルセットなどなどがあります。
それでも数ヶ月(半年ほど)症状が改善しない場合、強い痛みで生活に支障が出る、排便排尿障害、短距離しか歩けない場合などは手術になるようです。
しかし年齢によっては手術するリスクのほうが上回るため、保存療法などの無血での治療になるようです

腰椎分離すべり症

腰椎分離すべり症とは、椎体の棘突起(後方部分)が、疲労骨折のようになるもので、一回の衝撃でなるわけではありません。
10〜15歳時期に、スポーツの練習などで疲労が蓄積した結果起こります。
最初に分離が起こり、その後前方に滑って行きます(滑らないこともある)。
すべりがひどいと痺れなどの神経症状も出ることがあります

原因

体がまだ完全に出来上がっていない中学生頃に、繰り返しの腰の回旋やジャンプなどによって引き起こされます。
怪我のように一回の外力で起こるわけではなく、繰り返しの衝撃によって起こるのです。
運動をしていない一般の人ではほとんど発生することはありませんが、スポーツ選手の場合3〜4割の方がなるようです。
10代でスポーツをしていて腰に痛みが出ている方は早期に検査をすることをお勧めいたします。

症状

すべり症の程度にもよるのですが、多くに見られるのが腰痛と座骨神経痛などです。
すべりが強くなると下肢の痺れや痛みが強くなります。

治療法

分離症でも強い痛みや日常生活を不自由なく遅れる方もいらっしゃいます。
なのでそもそも自分が分離症と気がついていない方もいるようです。
そんな方であれば一般的な腰痛対策で十分です。
まずは保存療法が基本になります。
腰にかかった負担を減らすことが重要になりますのでまずは『安静』です、安静にしすぎても今度は筋力低下も考えられますので、動ける範囲で動いてみましょう。
動ける範囲でストレッチなども有効です。
また症状を抑えるために装具で胴体部分を固定することもあります、症状によりますが固定をする範囲や、固定具の硬さも様々に変化します、担当医と相談しながら決めることが多いそうです。
また鎮痛を狙いとした、痛み止めや、湿布なども行われます。

上記の方法でも症状が改善されない場合は、最終的に手術が選択されるそうです。

腰椎圧迫骨折

高齢者に多いのが腰椎椎間板圧迫骨折です。
高齢者に多いのですが若い人もならないわけではありません。
通常の骨折とは異なる部分がありますので、日常生活での注意点などをお話しいたします。

原因

高齢者の原因としては尻餅をつくなどの転倒なのですが、大元の要因になる部分に『骨粗鬆症』があります。
最近ではだいぶ聞き慣れた言葉ですよね?
年齢とともに骨の密度が低下していき、骨がスカスカになってしまうものです。
特に女性の場合、閉経とともにホルモンのバランスが崩れ、骨がもろくなりやすいのが特徴です。
そもそも骨粗鬆症にならないように日常的に運動や、太陽の光を浴びる、栄養をとるをすることが大事です。

若い方でもスポーツや事故でも起きる可能性があります。

症状

圧迫骨折を起こした直後一週間ほどは激しい痛みで、まともに寝返りすらうてなくなります。
椎体の潰れ方にもよるのですが、潰れた椎体が神経を圧迫してしまい下肢などに神経症状がでることもあります。

治療法

圧迫骨折では手術をすることは稀で、ほとんどが保存療法になります。

最初の激しい痛みを抑えるため痛み止めや湿布、骨折部の負担を減らすためにベルトなども使います。
ちなみに潰れた椎体は潰れた状態で骨癒合をするので元の形には戻りません。

また症状が治まってきたら筋力低下を防ぐためにベットの上で起きる練習などできる範囲で動くトレーニングも必要です。

辛い症状にもかかわらず治療に通う時間がないというあなたへ

さて様々な代表的な腰痛の原因となる怪我や病気などを説明してきましたがどれも治療をするのには通院や施術が必要です。
これを読んでいる方でも、痛みがあるにもかかわらず朝は早く、夜は遅く、忙しくて施術に通えない。。。。なんて方がいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために自宅で、自分で痛みに対して対策するプランをご用意しました!

しかもあなたが自主的にやることはほとんどありません

まずは実際プランを使用した方の声をごらんください

白井 様

1、当院に来る前はどんな悩みがありましたか?

・腰の痛みと足の痺れがひどく、仕事にも支障が出ていました

2、それを改善するためにどのような事をされていましたか?

・なかなか本格的な治療に通う暇もなく自分でストレッチをしたり、遅くまでやっているマッサージ屋さんに行っていました。

3、なぜ他ではなく当院をご利用されたのですか?

・友達の紹介

4、当院と他院はどんな違いがありますか?

・説明をしっかりしていただけたので分かり易かったです

5、実際セルフケアプランを受けてどう変化しましたか?

・日に日に痺れと痛みが取れていき、不安だらけだった日常に光が見えてきた感じでした。

6、同じような症状をお持ちの方にメッセージをお願いします!

・僕と同じように痛みや痺れがあるにもかかわらず、治療に行けない方はたくさんいると思います。
そんな中で自分で治せるプランを教えていただいて本当に助かりました。
もし今痛みを我慢しながら生活しているなら是非一度先生に相談することをお勧めします。

※施術効果には個人差があります。
窪田 様

1、当院に来る前はどんな悩みがありましたか?

・仕事で中腰になることが多く、腰が痛くて毎日痛み止めを飲みながら仕事していました。

2、それを改善するためにどのような事をされていましたか?

・痛み止めと湿布でごまかしながら生活していました。

3、なぜ他ではなく当院をご利用されたのですか?

・看板を見て

4、当院と他院はどんな違いがありますか?

・しっかりカウンセリングをしていただいて自分にあったプランを教えていただけました。

5、実際セルフケアプランを受けてどう変化しましたか?

・以前は痛み止めを手放せない状態でしたが、今は痛み止めなしでも生活できるようになりました。

6、同じような症状をお持ちの方にメッセージをお願いします!

・仕事と子育てでなかなか時間が無い私にもできたので、私と同じように忙しい方でもできると思いますので、一度西野先生に相談してみてください。

※施術効果には個人差があります。

本当によくなりたいと思っているあなたにご提案です

整体に通わずセルフケアプランで痛み解消プラン

通常500,000円(税別)のところ

※GW終了後値上げいたします
特別価格で購入出来る最後のチャンスですのでお早めに

提供内容

セルフケアプランでは整体枕、オーダーメイドインソール、坐骨調整マットを使い、立つ、寝る、座るを徹底的にサポートします。
人間は地球で生活している以上常に重力に逆らって生活しています。
この重力に逆らう生活をすることにより体に多大なる負荷が常にかかっています。
この重力負荷により交感神経が刺激され、腰痛が刺激され続け治りにくい状況になっているのです。

この重力の負荷を最小限にし、腰痛をセルフで治すのがこちらのプランなのです

・整体枕
寝ている時は最も我々の回復力が強く働いている時間です。
しかし寝ている時間が重力負荷により、回復力が発揮できていない状況でもあります。
その負荷を整体枕により脱力状態を作り出し、回復力を最大限に引き出します。

・オーダーメイドインソール
最も重力負荷がかかっていると言っても過言ではない立位。
オーダーメイドインソールを使用し、重力に対し最も効率の良い状態を維持し。
体への負担を最小限にします。

・坐骨調整マット
座位での坐骨調整をします。
人間は性質上必ずと言っていいほど左右どちらかに傾きを持っています。
座っている時も体は傾きをこらえ続けているため無意識に緊張を作り出してしまっています。
その緊張を最小限に抑えるのが坐骨調整マットです。

と言ってもどんなものか体験してみないとわかりませんよね?
そんな方のために無料カウンセリングをご用意しました。
まずは無料カウンセリングで体験してみてください。

「無料カウンセリング申し込み希望」とメッセージください↓

まだまだあります!体験者の声

Z 様

1、当院に来る前はどんな悩みがありましたか?

・季節の変わり目にいつもぎっくり腰を繰り返していた

2、それを改善するためにどのような事をされていましたか?

・ぎっくり腰をするたび病院でブロック注射をしていた、ただあまり注射を繰り返し受けている事にも不安がありました。

3、なぜ他ではなく当院をご利用されたのですか?

・友達が先生のところに通っていて紹介してもらった

4、当院と他院はどんな違いがありますか?

・だいたいどこに行っても回数券を進められるだけなので、このようなプランを教えてくれてありがたかった

5、実際セルフケアプランを受けてどう変化しましたか?

・季節ごとに繰り返していたぎっくり腰がなくなりました!

6、同じような症状をお持ちの方にメッセージをお願いします!

・10年以上ぎっくり腰を繰り返しているような状態で、仕事中も子供と遊んでいるときも腰に対する不安がなくなることが今までありませんでした。
でも今回このようなプランを知ったことで、自分で体を治せることができるようになり本当に助かりました。

※施術効果には個人差があります。

盛 様

1、当院に来る前はどんな悩みがありましたか?

・腰痛と痺れがずっと続いており、趣味の格闘技を思いっきりできなかった

2、それを改善するためにどのような事をされていましたか?

・自分で叩いたり揉んだり、腰痛ベルトも常につけていた

3、なぜ他ではなく当院をご利用されたのですか?

・異業種交流会で西野先生と知り合って

4、当院と他院はどんな違いがありますか?

・最初に友人になったのもあるが、とても話しやすくリラックスできた

5、実際セルフケアプランを受けてどう変化しましたか?

・気がついたらベルトをしなくなり、痛みも痺れも気にならなくなっていた

6、同じような症状をお持ちの方にメッセージをお願いします!

・仕事であちこち行くため定期的に治療に通えない自分にとってはとても合っていた。
まさか最初に治療に来なくていいと言われると思わなかったが 笑
私のようにあちこち行く人には良いと思います。

※施術効果には個人差があります。

最後に

あなたには3つの道があります

1つ目
今まで通りの生活を続け、痛みを放置しながら生活する道

2つ目
自分でちょっとだけ揉み解したり、ストレッチしてみたり。痛みが酷くなってきた時だけ『安い・手軽・気休め』などの理由でどこかのサロンに行く道

3つ目
あなたのカラダとしっかり向き合い、痛みをしっかり徹底的にケアできるたいじ整体にご来店し、毎日楽しく輝いた生活を送れる道

あなたがどの道を選ぶかは自由ですが、しっかり痛みを改善していく為には、少なくとも今の状況ではよくはなりません。
ただ疲れた時にその場しのぎでほぐしただけでは痛みは変わらないでしょう。

もしあなたが痛みに本当に悩んでいるのであれば、今すぐたいじ整体にご連絡ください。

「無料カウンセリング申し込み希望」とメッセージください↓