【原因は?対策は?】産後の恥骨痛で歩くと痛いママへ。。。

当院のママさんでも多い症状の一つに産後の恥骨痛というものがあります。
出産直後はそもそもあちこち痛いので気が付きにくいのですが、産後2週間ほど経って動けるようになった時、気がつくとまたの辺りに痛みを感じるというパターンが多いようです。
さらに症状が重い方だと、歩行ができないほど辛い、激しい恥骨の痛み、寝ていても痛むなんて方もいます。

場所が場所だけになかなか病院の先生にも相談しづらいかもしれませんが、その後の育児のことも考えて早めの対処が大切です。

恥骨痛ってなんだろう?

そもそも恥骨痛とはなんでしょうか?
恥骨痛とは恥骨自体が痛むわけではなく、上記の写真で赤丸で囲まれている『恥骨結合』で起こる痛みのことです。
この恥骨結合部が妊娠によるホルモンの影響より緩み、さらに出産の時胎児が産道を通る時に損傷することがあり、結果恥骨痛が起こります。
中には産前から痛いがあったり、足を組んだり、横坐りをする方などは恥骨痛が起こりやすくなったりします。

痛みには個人差があり、歩くと痛い人もいれば、歩けないほどの痛みが出る人、じっとしていても痛むなど様々です。

症状も恥骨結合部の損傷次第なので治るまで1ヶ月〜半年と様々です。
産後の1ヶ月検診でも痛む時、そもそも最初から激しい痛みがある方は早期に病院等に相談するようにしましょう。

ついつい産後は忙しくて後回しにしがちですが、放置すると悪化する可能性もありますので早く対処するようにしましょう。

対処法とは?

簡単にできる方法の一つは骨盤ベルトです
ベルトで骨盤部を固定して恥骨結合部の刺激を減らします。
あまりベルトに依存し過ぎてしまうと元々体を支持する筋肉自体が弱ってしまうため、少しずつ外していくようにしましょう。

自分で簡単にできるケアで言えばストレッチがあります。
上の写真のように座った状態で足の裏を合わせ股を開くようにして内腿のストレッチをします。
もう一つは学校でもみなさんやったと思いますが伸脚です。
これも内腿のストレッチになりますのでオススメです。

痛みが強い場合はまずは安静にしましょう。
痛みが軽減してくればストレッチなどを行っていきましょう。
変わらない、痛みが強くなるようでしたら受診しましょう!

まとめ

産後の恥骨痛は時間とともに治っていく方が多いのですが、中にはなかなか治らない方もいます。
そんな時は無理に我慢せず早く専門のところに受診するようにしましょう。

今回紹介したベルトや、ストレッチにチャレンジしてみてもいいと思います。

産後は赤ちゃんのお世話や家事などもあると思いますが、ママが元気なことが何より大切です。
頑張りすぎずご自身の体を大事にしてください。

予約はこちらから↓