とっておき腰痛予防法  5選

腰痛の方が痛みを再発させないために、必要なとっておきの予防法を5つご紹介します

目次

その1

立ちっぱなし、座りっぱなしなど同じ体勢で長時間いる事を避ける。
人は動物です、動いてナンボです
動いている以上に同じ体勢でじっとしている方が筋肉が固まりやすいです
ですから筋肉が固まってしまわないように30分〜1時間に1回は肩を回したり、腰をひねったりなど軽い体操でいいので行なうようにしましょう!

その2

ものを持ち上げる際などは前かがみではなくちゃんとしゃがんで持ち上げる
腰に疲労がたまってくると重いものでなくても前かがみで持ち上げようとした時に『ギクッ』っとやってしまうことも珍しくありません。
そんなリスクを減らすためにものを持ち上げる際は、しっかりしゃがんでものを持ち上げるようにしましょう

その3

適度な運動

適度に運動して筋肉をしっかり動かしましょう。
血液を送るためには筋肉の量と活動が不可欠ですし、そもそも筋肉がなければ耐久性も落ちます
本来であれば負担にならないようなものでも筋量が少なければ負担となり痛みやすい体となってしまいます
そうならないためにも日頃から運動して筋量を維持、または増加させる必要性があります。
そしてしっかり動かすことにより血液やリンパを流し代謝を促しましょう

その4

定期的なセルフケア

セルフケアといえばストレッチです
日常生活や仕事や運動、使えば体は疲労します
疲労した体をそのままにしてしまえば筋肉や関節の柔軟性は失われ硬くなってしまいます
また硬くなった筋肉が血管やリンパを圧迫し循環が悪くなり老廃物の排出が遅くなってしまいます
そうならないためにも日常的にストレッチなどのセルフケアで柔軟性を維持しましょう!
ちょっとでも構いませんやらないよりはるかに良いです、何からやったら良いかわからない方は屈伸、しん脚、アキレス腱伸ばしから始めてみてはいかがでしょうか?

その5

ストレスを溜めない
腰痛は心理的な影響により起こることもあります
ストレスがたまっていると本来は腰痛が起こった時、脳に腰が痛いという情報が伝わり、脳からドパミンという物質が出てきます。すると最終的に、神経伝達物質であるノルアドレナリンやセロトニンが放出され、痛みを脳に伝える情報が遮断され腰痛などの痛みが軽減したり、我慢できたりするようになります。しかし、ストレス、うつ、不安などを長期間受けていると、脳でドパミンが放出されにくくなってしまい、腰痛が慢性化したり、多少の痛みでも強く感じたりするようになってしまいます。

まとめ

痛みを再発させたくない!という方は沢山いらっしゃいます
しかし再発させないためにもそれなりのことをする必要があります
痛みを繰り返す人は痛めてしまう生活を送っているはずです
ですから生活を改めない限りかなり高い確率で痛みを繰り返します

痛みを繰り返してしまうという人は今回お伝えした5つを意識して生活を改善してみてください