産後の股関節痛の原因とは?

産後の悩みで多いものの一つに股関節痛があります

☑️産後から股関節の付け根が痛む
☑️産後よりお尻が痛くて歩きにくい
☑️子供を抱っこすると股関節に響いてつらい

痛みが強く歩くのが辛い、オムツ交換などで座っていることが辛いなどなど私生活や育児などでかなり支障が出てきます。

今回ほ股関節痛についてお話ししていきたいと思います

産後の股関節痛の原因とは?

妊婦さんは妊娠中に『リラキシン』というホルモン分泌量が増えていきます。
この『リラキシン』は関節や靭帯を緩め、骨盤を開きやすくする効果があります。

骨盤を開きやすくすることで赤ちゃんが産道を通りやすくなります、つまり自然と出産に向けて体が準備しているわけです。
妊娠から出産にかけて骨盤がゆるく感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし残念ながらメリットだけではなく、骨盤がゆるくなったために骨盤自体の安定性が低下し、股関節に顔な負担をかけてしまっているのも事実です。
実際ママさんたちのお話を聞いても、妊娠中に股関節が痛くなったという方は多いです。
実際現在妊娠中の私の奥さんも痛む時があるそうです。

妊娠中、産後ママさんで股関節痛を感じる方は多いです。
出産後いつまでも痛みが落ち着かないと、日常生活や育児にも影響が出てきてしまいます。
産後の股関節の痛みはいつまで続き、そして自然と良くなるものなのでしょうか?

産後の股関節痛はいつまで続く?

股関節の痛みがいつまで続くかは正直な話個人差があります。
ひどい方になると一年以上痛みが続いたという方も珍しくありません。
出産後は緩んだ骨盤が徐々に戻っていきますが、この時に姿勢や赤ちゃんを抱く時の座り方が悪かったりすると骨盤が歪んでしまいます。

骨盤が歪んでしまうと股関節に負担がかかり続けるので、股関節の痛みがなかなか引かない原因にもなり得ます。
大事なことは、産後に骨盤が歪まない生活をするすることが重要です。

股関節の痛みを解消するためには、まずは骨盤が歪まないように予防をする、または歪んでしまった骨盤を早期に元の位置に戻してあげるということが重要になります。
では、骨盤を歪まないように予防したり、歪んだ骨盤を元に戻すにはどうすればいいのでしょうか?

産後の股関節痛の対処法とは?

1、予防には骨盤ベルト

そもそも骨盤が歪まないように予防をするのが一番良い方法です。緩んだ骨盤をベルトなどで固定して歪みを予防する方法があります。

骨盤ベルトはあくまで予防ですが、産後はすでに大きく歪みが出ていることが多く、ベルトだけでは元に戻りにくいのが現状です。
ですから痛みを改善したいのであれば、整体で歪みを整えることが早期に痛みを改善させる近道です。

2、歪みの解消には骨盤矯正

歪んでしまった骨盤を戻すのにはやはり骨盤矯正が有効です。骨盤ベルトでも歪んだ骨盤を矯正することはできますが、産後半年もすると、骨盤が歪んだまま固まってしまたりしてしまいます。ですから骨盤ベルトを使うのであれば半年以内がオススメです。
半年以上経っても股関節に痛みが続いている時は、骨盤が歪んでいる可能性が非常に高いです。
骨盤が固まってしまう前(産後6ヶ月以内)に骨盤矯正されることをオススメいたします。

産後6ヶ月以降でも骨盤の調整は可能ですが、改善に時間がかかったり、痛みが再発しやすかったりしてしまいます。

3、骨盤だけではなく全身の調整

体は骨盤だけが歪む訳ではありません。
体全体が歪んでしまっているために結果的に骨盤が歪んでしまいます。
ですので骨盤だけを施術するのではなく体全体の調整が必要となるのです。
そして全身の調整を行った上でベルトなどで予防することが一番重要なのです。

まとめ


産後はホルモンの関係でどうしても骨盤が歪みやすくってしまいます。
その歪みやすくなった骨盤を早期に予防改善することがその後の日常生活、育児の質を上げていきます。
産後のママさんで、痛みに耐えながら一生懸命家族を支えている方も少なくありません。
しかしその生活が産後ママさんを追い詰めてしまっている時もありますので、一刻も早く改善していただきたいと思います。