腹筋と背筋のバランスの崩れが腰痛の原因というのはウソ?

なかなか治らない腰痛
病院で検査をしてみても異常なし

すると言われたのは『腰痛は腹筋と背筋のバランスの崩れによるものなので鍛えましょう』
これはテレビや病院でもよく聞く話なのですが本当なんでしょうか?

そもそもなぜ痛む?

病院で原因がよく分からない腰痛は
『腹筋が硬くなる』というものがあります

これはデスクワークなどで座った状態で仕事をする人に多いのです
座っていると腹筋は縮こまった状態で長時間いることになります
筋肉は動かすより動かさない方が硬くなりやすいので
デスクワークで意識して動かさないとお腹の筋肉は固まります

その結果硬くなった腹筋が体全体を前方に引っ張って腰に必要以上な負担がかかるのです

言われた通りにトレーニングしてみると…

ではよく聞く腹筋と背筋のバランスが悪いというのはどういうことを言うのでしょう?
明確に機械や何かで筋量を測定して『腹筋に対して背筋が〜%足りていません、背筋を〜%つけるトレーニングをしましょう』
って言われた方いますでしょうか?
少なくとも私は治療の業界に携わって20年弱になりますが一度も聞いたことがありません

逆に痛みがない人はみんな腹筋と背筋のバランスが取れているんでしょうか?
私は決してそうとは思いません

実は一部の人を除いてほとんどの人が腹筋と背筋をしたことで腰痛が改善したという人はいません
むしろ悪化している人が多いです
また痛みが強い腰痛の人は腹筋、背筋をすることすらできません

もしかするとブログを読んでいるあなたも腰が痛すぎて腹筋背筋運動どころではない!という人も多いのではないでしょうか?

ではどうするか?

お腹のストレッチをしましょう!

上の写真のようにうつ伏せから両手で上半身を起こします
あくまで体の重みでたわませるイメージで
写真のように反らせる必要はありません

また痛みが出る人は痛みが出ない位置まで下げましょう

姿勢ができたらゆっくり深呼吸します
そうするとお腹の筋肉がキューっと伸びている感覚がします
これがお腹のストレッチになります

朝昼晩一回ずつ、深呼吸を2〜3回ゆっくり行う程度でいいと思います
*やりすぎは逆に痛める可能性もあるます

まとめ

筋肉不足、筋肉のバランスで痛みが出るより
筋肉自体が硬くなっていることにより余計な負担がかかっているせいで
痛みが出ていることが実は多かったりします

腰に痛みを感じた時はまずは簡単にできるお腹のストレッチを試してみてはいかがでしょうか?

 

腰痛でお悩みの方はこちらをクリック