院長西野の柔術家への道②

第二話 そもそもワッペンどんだけ貼れんの?

あらすじ
悩める整体師西野
趣味の柔術をもっとやりたいが仕事との兼ね合いに悩む
そこに颯爽と現れたカルピス鈴木
彼の無茶振りの様な提案に西野は更に悩む

第一話

西野
鈴木先生の提案通りにワッペンついてない道着買って来ました
写真:ファイターズショップブルテリア
カルピス鈴木
ok
じゃドンドンスポンサー集めて全身埋めちゃおうよ
西野
いやいやちょっと待って下さい、
ワッペン貼れるって言ってもちゃんと規定があるので全身は無理っす
カルピス鈴木
え?そうなの?
IBJJF(国際ブラジリアン柔術連盟)のルールによりワッペンを貼れる位置は決められている
西野
練習用ならいいんですが、せっかくスポンサーしてくれるなら試合できる道着にして試合出たいっす!
カルピス鈴木
そうだね
youの熱い魂伝わったよ
試合に出れる道着にしよう
(道着のことよくわかんないから任せよう)
西野
ありがとうございます!

とりあえずは試合に出れる道着を作るという話にまとまった

ワッペンを貼る場所は両胸、肩、背中、腰、お尻、太もも、すね、など約10箇所予定
画像:IBJJF(国際ブラジリアン柔術連盟)

続く